2017年03月29日

いい子症候群

先の「ロスト・ワン」のように、自分の存在感を消して、人からの反応に無関心になり、関わりを持たずに生きようとするケースもあるのです。

無視され続け、否定的なストロークさえもらえないような状況では、求めることさえやめてしまうこともあります。

「おねえちゃんはいい子なのに、お前はダメね!」とけなされながらも、親から目を掛けられている事実に、内心満足を感じるのです。

一方、頑張っても一番になれない子、目立たない子は、肯定的なストロークをあきらめ、「否定的なストロークでもいいから、もらえればいい」と思うようになります。

そのため、頑張れる子は無理をしても一番になろう、誰にもできないことができる子になろうと努力します。

ありのままの自分を肯定された経験が乏しい場合、「いい子」にさえなれば親は喜びますし、きょうだいのなかでも肯定的なストロークを独占することができます。


「あなたのままで大丈夫」「そのままのあなたが大好き」という、ありのままの自分を肯定された経験が乏しいのです。

機能不全家族の中で育つと、愛情不足を実感することが多いもの。

そこで、子どもは否定的なストロークであっても数多く得ようとし、いたずらをしたり寝込んだりして、親の反応を求めるのです。

肯定的なストロークをもらえれば気持ちいいですが、親からいつもそれを引き出すのは大変な努力が必要です。

幼い子どもは、泣いたり笑ったりして親からたくさんのストロークを引き出します。
ストロークは、「心の栄養」とも呼ばれる大切な刺激です。

抱きしめたり、声をかけたりするだけでなく、話を聞いたり、笑いあったり、問いかけに答えたりすることもストロークになります。

ストロークとは、「あなたがそこにいるのを知っているよ」という存在認知の刺激のことです。

交流分析の創始者、エリック・バーンは「人はストロークを得るために生きる」といいました。
また、たとえ否定的であっても、「親から何らかの反応を引き出したい」という欲求が働くのかもしれません。

そこには、「家族がダメな自分をけなすことに一致団結すれば、家庭の崩壊を防げる」という思いが無意識的に働いている場合があります。
親を困らせればますます愛されなくなるはずなのに、どうして「ダメな子」になってしまうのでしょう?

ところが、先の「スケープゴート」(身代わり)のように、「この子さえいなければ」と疎まれる「ダメな子」になってしまうケースもあるのです。

親に愛されるため、家族の輪を保つために、子どもはみな、一生懸命いい子になろうと努力する、と思うかもしれません。


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
いい子症候群
    コメント(0)