2017年03月29日

いい子症候群

先の「ロスト・ワン」のように、自分の存在感を消して、人からの反応に無関心になり、関わりを持たずに生きようとするケースもあるのです。

無視され続け、否定的なストロークさえもらえないような状況では、求めることさえやめてしまうこともあります。

「おねえちゃんはいい子なのに、お前はダメね!」とけなされながらも、親から目を掛けられている事実に、内心満足を感じるのです。

一方、頑張っても一番になれない子、目立たない子は、肯定的なストロークをあきらめ、「否定的なストロークでもいいから、もらえればいい」と思うようになります。

そのため、頑張れる子は無理をしても一番になろう、誰にもできないことができる子になろうと努力します。

ありのままの自分を肯定された経験が乏しい場合、「いい子」にさえなれば親は喜びますし、きょうだいのなかでも肯定的なストロークを独占することができます。


「あなたのままで大丈夫」「そのままのあなたが大好き」という、ありのままの自分を肯定された経験が乏しいのです。

機能不全家族の中で育つと、愛情不足を実感することが多いもの。

そこで、子どもは否定的なストロークであっても数多く得ようとし、いたずらをしたり寝込んだりして、親の反応を求めるのです。

肯定的なストロークをもらえれば気持ちいいですが、親からいつもそれを引き出すのは大変な努力が必要です。

幼い子どもは、泣いたり笑ったりして親からたくさんのストロークを引き出します。
ストロークは、「心の栄養」とも呼ばれる大切な刺激です。

抱きしめたり、声をかけたりするだけでなく、話を聞いたり、笑いあったり、問いかけに答えたりすることもストロークになります。

ストロークとは、「あなたがそこにいるのを知っているよ」という存在認知の刺激のことです。

交流分析の創始者、エリック・バーンは「人はストロークを得るために生きる」といいました。
また、たとえ否定的であっても、「親から何らかの反応を引き出したい」という欲求が働くのかもしれません。

そこには、「家族がダメな自分をけなすことに一致団結すれば、家庭の崩壊を防げる」という思いが無意識的に働いている場合があります。
親を困らせればますます愛されなくなるはずなのに、どうして「ダメな子」になってしまうのでしょう?

ところが、先の「スケープゴート」(身代わり)のように、「この子さえいなければ」と疎まれる「ダメな子」になってしまうケースもあるのです。

親に愛されるため、家族の輪を保つために、子どもはみな、一生懸命いい子になろうと努力する、と思うかもしれません。  


Posted by pami at 00:30Comments(0)

2017年03月21日

イクメン時代

◆先回りして人生のヒントを示す父。息子はどう捉える?
ただし、その挑戦は、息子本人が吟味して決めた結論であるとは限らないのです。
ちょうど中学受験に挑戦する小学生時代は、息子が父親の希望を素直に呑み込みやすい時期であるため、父親にとっては受験をはじめとする進路をコーディネートしやすい時期です。
したがって、「僕は○○校に行きたい!」「僕は将来○○になりたい!」と子ども自身が語っているとしても、それは父親の希望を反映した言葉であり、子ども自身の欲求から出た言葉ではない可能性があります。
幼児期から児童期の男の子は父親と自分を同一視し、父親が正しいと考えるルールや生き方を勤勉に達成しようとします。
この傾向は、特に幼い時期には顕著です。
それは、父親が先回りして息子の個性を“理解”し、父親の判断で“息子に合った”人生の筋道を提示してしまうと、息子は自動的にその提示を呑み込み、提示に適応した生き方を志向してしまうという影響です。
このように、「息子に合った環境」「息子を伸ばせる環境」を積極的に探そうとする父親の熱意が、息子本人にとっては思わぬ負の影響を与えてしまう場合があります。

◆スパルタ父から「甘口お受験父」の時代へ
息子の性格の能力を分析し、男子の特性をよく理解している学校、親の考え方に合う学校をじっくり吟味する“甘口”の傾向にあるようです。
しかし、21世紀の「お受験父」たちは、単純に息子の偏差値や受験校のブランドなどの外的な評価にこだわるわけではありません。
たとえば、息子の受験に熱くなる「お受験父」。エリート校進学にこだわる父はかねてから見られましたが、昔は「東大に合格しろ!」などの至上命題だけを掲げ、肝心の教育は母親に丸投げかスパルタ教育を押し付け、結果で評価する“辛口”な態度が一般的でした。
しかし、最近では父親の育児参加(イクメンなど)が増加すると共に、「父と息子の問題」が新しい形で過熱化し始めているようです。
70年代ごろから、家庭における母親のパワーが増大すると共に父親が“蚊帳の外”に置かれる風景が増え始め、同時に「マザコン息子問題」や「母娘問題」など、母親の過保護・過干渉の問題が燃焼してきました。
当時の父親は社会的に好ましい結果を出す息子をもてはやし、そうでない息子は見下すような、厳然とした評価的態度を持つ人が多かったものです(映画『エデンの東』や『スタンド・バイ・ミー』で描かれる主人公の父親像のように)。
父権の強い時代には、家庭における父親のパワーは絶大なものでした。
ここ数年、「母と娘」の葛藤に関する問題が世間を騒がせていますが、実は母娘問題以上に根深い葛藤を抱えやすいのが、「父と息子」の問題です。

http://www.hfcsjs.com/
  


Posted by pami at 10:58Comments(0)

2017年03月07日

「へび背」の肺機能低下に要注意!命を縮める?

◆睡眠時無呼吸症候群の治療を応用
50代から増える呼吸器疾患、あなたもひょっとして……?
この治療法は、脊椎疾患の合併症だけでなく、タバコが原因のCOPD(慢性閉塞性肺疾患)をはじめとする、多くの慢性呼吸器疾患でも用いられています。
睡眠時無呼吸症候群に用いられる機械を応用したものとはいえ、実践するのはかなり難しい治療ですので、実施できる医療機関はある程度限られてしまいますが、上手く使うこなすことができれば「命を縮める」という事態を避けることができるかもしれません。
もっとも、体内では呼吸をしている限り絶えず二酸化炭素が発生しますので、完全に二酸化炭素が除去されるわけではなく、正常のレベルにまで近づくといったところです。
大量のきれいな水を注いでは、汚れた水をくみ出す、繰り返しているうちに水たまりは、限りなくきれいな水へと変化します。
換気を促して、二酸化炭素を排出しやすくすることができます。わかりにくい方は、汚れた水たまりを想像してください。
その方法とは、息を吸うときには機械が強力に空気を送り込み、吐くときには圧を低くして息を吐きやすくするものです。
前述のように、血液中の酸素が低くかつ二酸化炭素が高い状態に対する治療は、この機械の仕組みを応用します。
この機械の仕組みを端的に表現すると、睡眠中に機械からホースを通したマスクを鼻にあてがって、息を吸うときも吐くときも、機械から強制的に鼻へ空気を送り込むことで、いびきの原因となっている気道の狭窄・閉塞を解除するものです(正確には、圧力をかけることで気道閉塞を解除する仕組みです)。
国内でもずいぶん普及してきましたので、読者の方の中にもこの治療をされている方は多いと思います。
ところで、睡眠時無呼吸症候群の治療には、CPAP(シーパップ)療法と呼ばれる、呼吸を補助する機械が利用されます。
◆必要以上の酸素は有害となる可能性
特に、睡眠中には呼吸の回数が減ることで低酸素状態が顕著となるなど、睡眠時無呼吸症候群に似通った症状を呈する可能性も考えられます。
体内の二酸化炭素が急上昇すると、最終的には意識も朦朧となって呼吸中枢が麻痺してしまい、呼吸ができなくなるからです。側弯症が高度な場合には、日常的に血液中の二酸化炭素が高くなっていることもあります。
II型呼吸不全であった場合、低酸素だからといって酸素マスクで高濃度の酸素を吸ってしまうと、かえって呼吸状態が悪化してしまいます。
人間は空気中の酸素を取り込み、二酸化炭素を吐き出します。呼吸不全という言葉は低酸素状態を意味しますが、この中にも二酸化炭素が上昇しないI型呼吸不全と、二酸化炭素が上昇するII型呼吸不全の2つのタイプがあります。
◆あなたの呼吸は大丈夫?
この場合、特殊な治療法を併用するのですが、このことについて少しだけ述べたいと思います。
慢性的な低酸素状態があれば在宅酸素療法を行いますが、高濃度の酸素吸入がかえって健康に害を与えることがあります。
肉眼的に見てわかるぐらいの変化の場合、整形外科でどの程度背骨が曲がっているのかを確かめるなり、内科・呼吸器科で経年的に肺活量を測定するなりしたほうが良いでしょう。
入浴時に背中を鏡で映して、背骨が曲がっていないかを確認してみましょう。
同じように浅い呼吸であっても、呼吸回数が増加する(息があがる)肺線維症・間質性肺炎などの病気とは、外見以外でも区別するポイントの1つです。
こうした側弯症が高度なときの呼吸のパターンは、「浅い呼吸だけれども、息は荒くない(呼吸の回数は正常範囲)」ということが多いです。
◆へび背の合併症、呼吸機能の低下
もしかすると、この記事をご覧になっている読者の方やその隣にいらっしゃる方も、側弯症を指摘されたことがあるかもしれませんね。
側弯症は稀な病気ではなく、私自身も集団健康診断のレントゲン写真で患者さんに指摘することがあります。
軽症であれば日常生活に大きな影響はありませんが、状態や年齢によっては、結果として生命を縮めてしまう可能性もある、ということです。
横方向へ背骨が曲がる側弯症では、肺活量の低下に加えて、空気中の酸素を取り込むことが難しくなり、慢性的な低酸素状態につながることがあります。
結核そのものの病変が肺に及んでいれば、恒常的に低酸素状態が続くこともあります。
例えば、脊椎結核(せきついけっかく)の後遺症によって、前後方向へ背骨が曲がる亀背(きはい)では、肺活量の低下が特徴的です。
背骨が曲がる病気の原因は様々ですが、それぞれの病気によって特徴的な所見があります。
◆側弯症の簡単チェック
本来の治療は、整形外科や整体(カイロプラクティック)で矯正することですが、合併症に対しては内科領域でも治療が必要になることがあります。その内容を少しだけご紹介します。
もう1つの方法としては、立位の姿勢から足を伸ばしたままで体を前屈して、左右の肩甲骨の高さの違いを見る方法があります(この方法は1人ではできませんので、誰かに協力してもらってください)。
上下左右のずれが違いが大きければ、側弯症の可能性があります。
このときに、左右の手の高さを見てください。
1.目をつぶって……気をつけ!
2.小さく前へならえ!
小学生だった時のことを思い出して、ご一緒に行ってみましょう。
ここでは、簡単なチェック方法をご紹介します。
側弯症を正確に診断するには、レントゲン写真で確認することが必要です。
◆へび背は命を縮める!?
更には、日中には気がつかないぐらいであっても、眠っているときに低酸素状態が続くと重大な健康障害を引き起こすこともあるのです。
ところが、加齢に伴う肺機能の低下により低酸素状態となることや、あるいは肺に負担がかかることで心臓の機能まで低下させてしまうこともあります。
軽度の側弯症では一般的には成長が完了すると、側弯症も進行しなくなります。
側弯症については小中学校の健康診断で早期発見が義務付けられており、必要に応じて治療が行われます。
特発性とは、原因がない、あるいは不明であるという意味を含んでいます。
側弯症は先天性、あるいは他の病気に併発して起こることもありますが、最も多いのが全体の7割を占める特発性側弯症と呼ばれるものです。
健康診断でレントゲン写真を撮影したとき、背骨が曲がっていることを指摘される場合があります。

ここでは、そんな背骨の病気による合併症に注目しました。
気がつかないうちに、低酸素となることで脂肪を燃焼しにくい体になっているのでしょうか? .
その真偽は定かではありませんが、背中が高度に曲がることで肺が圧迫され、肺機能が低下していることがあります。.
俗に、「へび背」と表現されることのある側弯症(そくわんしょう)は、ダイエットをするのに不向きだと言われることがあります。

http://www.peaceriverwebdesign.com/  


Posted by pami at 22:20Comments(0)

2016年04月29日

桜押し

桜といえば日本では1年間で1~2週間くらいしか見れませんよね。
この桜をオーストラリアが観光PRに使おうとしています。
オーストラリアにはコアラやカンガルーのように世界に通用する観光の目玉があります。
コアラやカンガルーは一年中見ることができるので、観光の目玉としてはいいでしょう。
でも桜は年に1~2週間しか見れません。
その桜を観光PRに使うことに疑問を訴える人もいるようです。
日本では桜のシーズンといえば花見。
今では多くの外国の方も参加しています。
でも、海外から旅行で来ている人は少なく、元々日本に住んでいる外国の方が多いようです。
日本の文化が世界中で人気名ので、それにあやかろうとしているのかもしれませんね。
でも、これは海外の人を呼び寄せる観光としての目玉ではなく、国内に住む人々の新しいカルチャーとした方がいいような気がします。
桜の花見は日本で味わえばいいことですし、オーストラリアにはオーストラリアにしかないものがたくさんあります。
コアラもそうですし、カンガルーもそうですし、エアーズロックもそうですし、グレートバリアリーフもそうです。
オーストラリアでしか見れない味わえないものを観光PRした方がいいですよね。
オクポイッワ

  


Posted by pami at 09:11